BIOGRAPHY


山田友和(トランペット、鍵盤ハーモニカ、作曲、編曲) DSC_0381.jpg

1977年2月28日北海道生まれ。
19歳で大学進学のため大阪に移住。ジャズを始める。
トランペットを嶋本高之氏に師事。
在学中より、ジャズトランぺッターとして音楽活動を開始する。

現在自己のグループでオリジナル曲を中心に活動中。
2008年4月、オリジナル曲を中心に収録したCD「あおの出会う場所」(YYR-0801)をリリース。
2008年7月、長年の夢だった八重山ライブツアー(石垣、波照間)を成功させる。
このときの波照間島の小学校で音楽の特別授業をしたときの様子が、八重山毎日新聞、 沖縄タイムスなどに掲載される。

2011年5月、Jazz Lab Recordsより2nd Album「Ordinary Day」(JLR1104)をリリース。
また、トランペットだけでなく鍵盤ハーモニカ奏者としてジプシー系ポップユニットiora(アイオラ)のレコーディングやツアーにも参加。
2014年、盟友伊藤大輔(Vo)と、二人の息吹が折り重なるデュオ「いぶきさらさ」を結成。鍵盤ハーモニカ奏者として新たな試みを模索する。


作・編曲家としては、セカンドアルバム1曲目に収録された「夜明け」が2013年アメリカの世界最大規模の作曲コンペティション、International Songwriting Competition2013で、世界100カ国以上からの約19、000曲の応募の中から上位8%のセミファイナリストに選出。
翌2014年DTM楽曲「on a fast boat to Hateruma」でも2年連続セミファイナルへ進出する。
2015年10月より、CS宝塚歌劇専門チャンネル宝塚スカイステージの番組、 「うたごころ。」にて、編曲とオープニング曲の作曲を担当するなど、多岐に渡った活動をしている。

沖縄の八重山諸島(特に波照間島)と山形の庄内地方(だだちゃ豆と日本酒が絶品)を愛しています。